藤ノ木古墳 と 黄金色の 稲穂

(前日の続きです)

日曜日
お昼ぐらいに 奈良に到着しました
まずは部活
部員二人のうどん部活動します
最初の目的地 の近くのうどん屋さんで検索して
こちらを 見つけました
十津川温泉の水で仕込んだうどんだそうです
ワタシは『肉汁うどん』
つけ麺です
c0369046_18332994.jpeg
家人は
きつねうどん プラス めはり寿司!
c0369046_18335321.jpeg
めはり寿司って言葉は 良く聞きますが どんなの?
高菜漬けの葉っぱに 特製のタレを塗って
ご飯に巻いたものだそうです
c0369046_18342287.jpeg
高菜漬けの 芯をカットして
高菜漬けの芯をさらに細かくして
ご飯の中心に入れたりするそうです

会計の際にレジ近くにあった
『炊きみそ』を 帰りに購入しました
『炊きみそ』十津川村の郷土料理で
自家製味噌にほぐした鯖を入れ炊いたものだそうです
早速 自宅できゅうりボートにのっけていただきました
甘くて 鯖をほんのり感じて 美味しかったですょ

今度 サバ缶を使って作ってみよぅ〜〜


十津川温泉
気になります
(^^)



昨日の続きですが
『法隆寺』の近くに
なんと すぐ近くに 『藤ノ木古墳』があるという看板が


法隆寺に行くために停めた駐車場から
四百メートルだそうです

こうなったら 足を伸ばします


到着〜〜

『藤ノ木古墳』
奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺西

c0369046_18303160.jpeg

藤ノ木古墳からは 金 銅製の馬具など豪華な副葬品が見つかったそうです
埋葬されていたのは男性二人で
誰なのかは 謎〜〜〜〜

こちらは 1400年も盗掘に合わなかったそうですょ

日本の古墳は ほとんどが盗掘されるのに
なぜ 藤ノ木古墳は 盗掘されなかったのか!!

それは
古墳の前に 隣接して 宝積寺(ほうしゃくじ)があり
古墳をまもってきたことが未盗掘になったとのことです最近の発掘調査でわかったそうです

古墳の周りを
一周ぐるりと お散歩して 草むらに入り込み
隣の畑のコスモスを写真に撮って 
ベンチに腰掛けてみると なんと

ワタシの靴
ワタシのスカートの裾まわりに
植物がいっぱい付いてました

草むらに入っていったからです

幼い頃から『バカ』と呼んでいた植物に似ています
勝手に植物をバカと呼んで

『はぁ〜〜〜〜ん バカがいっぱい付いてる〜〜』と
子供の頃 囃し立てて からかい合ってましたね

いゃーん
体にたくさん付いたバカを取るのに一苦労しました


調べました
『アレチヌスビトハギ』という植物でした
^_^

夕方 5時ぐらいに 奈良を後にしました
車窓から見える景色は 黄金色に染まった稲穂です
c0369046_18311729.jpeg
綺麗ですね〜〜

by sabawodasiniiku | 2018-10-09 00:00 | おでかけ 奈良県 | Comments(2)
Commented by kobacken at 2018-10-09 13:25
デコポンさんありがと〜〜。
もしかして、私のための古墳ネタ?と、勝手に勘違いしておきます。笑

最後の黄金の稲穂ロード、最高よ♪
弥生時代から続く風景なのかなぁ、とか、おセンチに古代への思いを馳せています。

あー、バカね。
東京でも、というか我が家でもそう呼んでいます。
バカがついたーーー!ははは。
Commented by sabawodasiniiku at 2018-10-09 14:43
☆H子さまへ
大丈夫よぉ〜♡
昨日嬉しいコメントいただく前にも
もう既に藤ノ木古墳へ行っていたので(o^^o)
大丈夫よぉ〜〜

ね〜〜ターゲットにされてたら怖いよね(^^)
大丈夫、大丈夫
気軽に ブログ覗きにきてね〜(╹◡╹)

え⤴︎⤴︎
東京でも 服にくっつく植物を『バカ』って呼ぶの〜〜不思議だね⤴︎⤴︎

以前はネットも TV番組もそんなになき時代に
幼子の時代から 植物の呼び名が一緒って なんだか不思議よね〜〜こんなに遠く離れているのに
(*゚∀゚*)
<< ハイキング 唐古・鍵遺跡史跡公園 と ... >>